クマの種類に合わせて治す|原因は二種類ある

婦人

目元の印象を左右するもの

美容治療

老けて見える顔の要素

目の下のクマは寝不足が原因と思われていることが多いと思いますが、実は原因は様々です。よく見られる青いものは血行不足が原因です。疲れや寝不足が主な原因です。黒っぽいものは加齢によるたるみが原因と言われています。コラーゲンが不足していることも原因の一つです。茶色いものは色素沈着が原因です。日焼けによるメラニンの増加、目のこすり過ぎで色が濃くなる場合もあります。これらのクマを治すにはどのタイプなのかを見極め、それぞれに合った対策をすることが必要です。治す方法は基本は生活習慣の改善です。青いものを治すにはしっかり睡眠を取ること、血行をよくする適度な運動なども重要です。美白化粧品などを使った対策も有効です。

色による原因と対策方法

目の下のクマは顔の印象を悪くする要素の一つです。疲れた感じ、老けたイメージがあり、実年齢よりずっと上に見えてしまうものの一つです。目の下のたるみや目尻のしわと加えると非常に老けて見えてしまいます。コンシーラーなどクマを隠す化粧品もよく使われています。クマは肉体的な疲れ、寝不足、ストレスなど様々な原因で出来てしまうものです。ストレス社会でよく眠れない人が多く、ワーキングプアなどの問題も多い現代では、クマに悩む人は多くなることが予測されます。濃いクマを治すにはいろいろな対策方法があります。健康に気をつけた食生活、目元のマッサージや色素に効く化粧品を使うことである程度効果が見込めます。他にもレーザー手術で薄くすることもできます。レーザーの場合はくっきり刻まれてしまったクマも消し去ってくれるので、慢性的な目の黒ずみに悩まされる方にはもってこいな方法と言えるでしょう。

LED治療で目元を明るく

鏡を見る人

クマの原因は、血流の悪さや肌のたるみ、メラニン色素にあります。これらは、LED治療によって血流を改善し、肌を活性化させれば、治すことができます。ただし生活習慣によっては、クマが再発することがあるので、気をつける必要があります。また、LED治療を定期的に受けていれば、効果を持続させることが可能です。

View Detail

自分でできる簡単な方法

悩む人

目元にできてしまったクマを治す方法があります。目の周りにあるクマに効くツボを押したり、マッサージするなど刺激を与えて治療する方法があります。また、蒸したタオルと冷水による洗顔を繰り返すことで血行と新陳代謝を促進することができます。

View Detail

目元のくすみを解消

口元

目元にはメイクによる刺激でクマができることがあります。このクマは、メラニン色素が原因となっているのですが、レーザーで治すことができます。そしてレーザーによりメラニン色素を含む古い細胞が除去されると、小じわも一緒に消えていきます。そのため、アンチエイジングのためにこの治療を受ける人が増えてきています。

View Detail